日々のつぶやき。

日々の思ったことをつぶやきます。

三者三様。

金曜日のドラマ『あなたには帰る家がある』の話。


前に1話を見た時の感想を書いたけど、その後の予想通りの展開に薄ら笑いしかない。


浮気をした夫とその相手、浮気をされた妻、、、


私は、三者三様、それぞれの目線で見てる。


一番思い入れが大きい人物は、、、これがなんと浮気をされた妻。


不思議よねー、ほんとなら自分と同じ境遇(浮気妻)に肩入れしそうなものなのに。


密会中に妻の姿を見掛けて猛ダッシュでその場から逃げる浮気夫を見ては、カッコ悪いなーと思い。


あー、きっと私もあんな風に置き去りにされちゃうんだろーなーと浮気妻を哀れむ。


私の立場は浮気してる男の相手(浮気している女)になるわけなんだけど、どーしても感情移入ができないでいる。


「もっともっと追い詰められればいいのに!」とか「ふてぶてしい女だなぁー」とか、攻撃的に見てる。


なんでかなー。


罪滅ぼしかなー。



対照的に好意を持ってしまうのが浮気された妻。


夫と久し振りに一緒に買い物行くことになってウキウキしている姿が可愛い☆


夫婦揃って娘の頑張ってる姿(陸上競技)を応援している姿に号泣。


『13年間、毎日「おはよう」「おやすみ」って言って一緒に暮らしてきたんです。1度や2度の遊びくらいなんてことないです』


の、セリフにも号泣。



なんで私が泣くのよー。


浮気してるの自分なのに、、、


しかも1度や2度じゃないのに、、、


サイテーなのに、、、



ちなみに夫はこのドラマ1話以降「おもしろくないから見ない」と。


まあ、男目線からするとそうかもねー。


滑稽すぎる。


堂々と見てる私は『小心者』とか言いながら心臓に毛がはえてるのかも。