日々のつぶやき。

日々の思ったことをつぶやきます。

なんだかなぁ。

長谷部くんのこと。


昨日仕事中に三浦くんの写真をラインで送ってきた。


あ、三浦くんとは去年入社の1年生。

小太りで顔は加藤諒。性格は変人でイジラれタイプ。


長谷部くんは仕事が一段落すると息抜きしたいのか、たまにこおゆうラインを送ってくる。


三浦くんの写真は同じものを続けて2枚送ってきたので


はな「間違い探し?」と返すと

長谷部「彼女がおらんけん寂しいらしい」と。


あ、彼女というのは三浦くんの向かいの席の女子(50歳)のこと。


余談だけど、長谷部くんはこの女子のことが大嫌い。ストレスの原因だ!と言ってる。


山本さんとしよう。


山本さんは2日間お休みしてたので三浦くんは話相手がいなくて淋しいってことらしい。


はな「長谷部くんが話し相手になってあげたら~(ハート)」


長谷部「一方的に話すだけであいつ人の話聞かんよ。山本さんとそっくりよ。

三浦と山本さん30分とか話続けるけどお互い話したいばっかりじゃけんいつまでも終わらんよ」


はな「似た者同士なのね、あの二人(ハート)」


長谷部「そういうこと(ハート)」


はな「私も欲しいなぁ~、話相手(ハート)」


長谷部「三浦がセフレ探してるよ!」


はな「セフレはいらん!」


長谷部「1人暮しだし!会社から近いし!旦那さんにもばれない!」


はな「私にも選ぶ権利がある!」


長谷部「まじか!」


ここでライン終了~。


なんだかなぁ。


冗談で言ってるって、わかってる。

でも、、、なんか、、、凹む。


私が好意を持ってること知ってて言ってるんだよね?

遊び感覚で、ノリで言ってるってわかってるけど、正直辛い。


でもここで真面目に「辛い」とか言っちゃうと、もう二度とこおゆうヤリトリできなくなりそうで、それも淋しい。


もんもんと、悶々と、モンモンと考えた結果、、、


はな「あんまり私の乙女心を弄ばないでね(ハート)」と送った。


それについての返信はないけど。


1日寝たら、なんかどーでもよくなったけど、なんだかなぁの話でした。