日々のつぶやき。

日々の思ったことをつぶやきます。

まずそうだね。

あれ、句読点を入れないと美味しくない食べ物に聞こえるな~。


『まず、そうだね』


これ、私が心掛けていること。

(注:心掛けているけど必ずしも出来ているとは限らない)


子育て時代、子どもに対して常に意識してたけど、今でもできるだけ心掛けている『まずそうだね』


相手が言ったことを一度受け入れる。

それから自分の意見、気持ちを話すようにしている。


余談だけど、子どもに「~しなさい」の命令口調も言わないよう心掛けてました。


話戻して。


前に書いた、職場の後輩山本さん。

彼女がこの真逆で、必ず否定から入る。


「でも」「だって」「違うよ」


話してて、ぶっちゃけ疲れる。


「こおゆう人なんだ」と思って諦めて接していけばいいのに、中途半端に負けず嫌いな私は、ささやかな抵抗を試みては玉砕して、余計に疲れる、を繰り返している。


学ばないなー。


横で聞いている長谷部くんも苦笑い、、、



さて。


実は夫も「まずそうだね」ができない人。


イチイチ否定系で返してくる。


子育て時代にかなりしつこく、口を酸っぱくして注意(指摘)したので、少しは取り入れられるようになったけど、根本的には直ってない。


相手が私の時はまだいいとして(ホントは良くないけど)、娘と話している時に否定系で返しているのを聞くと今でも注意する。


「まず、『そうだね』でしょ!」と。


前は聞いてるのか聞いてないのかわからない態度だったけど、最近素直に聞いているような気がする。


人間、年と共に丸く(素直に)なるもんだなぁー。




話は全然違うけど『nice』って、一度押すと取り消ししてもダッシュボードには『はなさんがniceしました』って残るのかなー。


携帯でブログ読んでるとスクロール中にniceボタンを押してる(触ってる)ことがあって、、、すぐに取り消しにするけど履歴に残ってるとしたら、なんか逆に怪しい感じになってるのかも。


って、どんだけ「出し惜しみしてんだよっ!」って言われそうだけど、そこは拘りたいって話。